川崎市中原区子育て支援者養成講座に登壇させて頂きました!


Blog

2024年1月30日

こんにちは。
横浜市都筑区で、発達が気になる赤ちゃんから学童期のこどもたちに育児発達支援を行なっている小児の作業療法士の定金雅子です。

最近、ありがたいことに研修や講座登壇のお仕事のご依頼を多くいただいています!ありがとうございます。

昨年末になりますが、12月19日に川崎市中原区子育て支援者養成講座にて講師として登壇させて頂きました。

会場は、こども発達支援ルーム マオポポさん。
児童発達支援事業所として、未就学児のための早期療育を行っていらっしゃいます。

 

テーマは
「遊ぶことは生きること~”感覚統合“が教えてくれる遊びの発達~」

こどもの発達と遊びについての講義のほか、グループワークも行いみなさんにもたくさん
アウトプットをしていただきました。

ご感想をいただきましたので、ぜひ紹介させてください^^

大人は、遊びを見守りながら、ともすれば「こうしたほうがいいよ」と口出ししてしまうことが多いと思いますが、なぜそうしない方がよいのか、どのようなかかわりをするのがよいのか、ヒントになることがたくさんあり、理論的にも腑に落ちました。

遊びの定義、こどもの発達と遊びについてわかりやすい説明で、感覚統合についてもわかりやすく教えていただきありがとうございました。スライドの写真や図が見やすく、またグループワークもあり講義だけではない進め方が特によかったです。

自分の遊び方と他の方の遊び方が全く違うと言うことも分かり、楽しかったです。私は、自分の遊びの感覚が嬉しかったし、このまんまで良いんだと思えました。日々マオポポにいて自分に自信が無くなることはたくさんありますが、自分らしく子ども達を見守って行こうと改めて思えた講座でした。

普段子どもたちと遊んでいたり、子育てをした経験から、「遊び」の観点から発達を見ることは分かりやすかった。遊びから、身体機能、社会性、言葉概念などなど発達することを改めて理解し、本当に『遊ぶことは生きること』に納得した。

「遊びとは」ということについて改めて考えさせられました。「遊んでばかりいる」「(お友達と)(ひとりで)遊べない」「遊びを見つけられない」・・・など、子どもの遊びをみるときに思うこれらのことは、本当だろうか?子どもの目線の先を見て、じっと待ってみることが自分には必要だなと感じました。

画像を用いた事例が多く、また問いかけやグループでの話し合い、共有する時間が持て、大変充実した時間になりました。

ご感想ありがとうございました!これからも、作業療法士の支援をみなさんの現場にお届けしていきます!
こうした講座や研修のご依頼は、随時受け付けております。お気軽にお問合せください。

講座・研修のご依頼はこちらから

 

横浜市都筑区の発達支援室ここんでは、最新のイベントやセミナー情報をラインで配信しています。まずは気軽に登録してみてくださいね!
友だち追加



- Related Posts -


2021年9月17日

独立開業に必要なこととは?


Read more...

2024年7月14日

【セミナー参加者募集】8/11・神戸でネウボラについてお話します!


Read more...

2023年5月11日

【セミナー開催報告】最高によかったです!子どもたちへのリハビリにすぐに活かすことができそうです!


Read more...