個別セッション


こども支援室ここんでは、育児の中でお子さんの体や発達のことで気になっているけど相談する場所がなくて困っている方をはじめ、診断の有無に関わらず、専門機関での療育までハードルを感じるお子さま向けに、小児経験が豊富な療法士がかかりつけ療法士となり、自費による対面セッションを提供しています。

専門機関でしかなかなかお会いすることのない理学療法士・作業療法士を始め、各専門職がチームでこどもたちを支援してまいります。

自費によるサービスのため、診断の有無やサービスを受けられる頻度や期間にとらわれることなく、その子に合った支援の形を自由にカスタマイズできます。
また必要であれば、園や学校に出向き普段お子さまが過ごされている場所との連携も図ってまいります。

どんな形での支援ができるのか?
こどもたちの発達や個性に寄り添い、その子その子に合った形を一緒につくっていきましょう。

悩みを養育者の方だけで抱えるのではなく、かかりつけ療法士が一緒に前に進む伴奏者として親子に寄り添ってまいります。
いつでもお気軽にご相談ください。