MIGAKUメソッドとは?


 

MIGAKUメソッドは、解剖学、運動学、脳生理学、発達心理学などの科学的な知識をベースに、赤ちゃんからの発達を3本の柱から学び、赤ちゃんが本来持って生まれた力を守り育てていくための考え方です。

3本の柱とは、身体・実践・未来の3つの学びです。
①身学(身体を学ぶ)
子どもの身体の仕組み、感覚統合の視点からこどもが辿る発達のプロセスを理解する
②実学(実践を学ぶ)
発達のプロセスから遊びの本質を紐解き、子ども自らが育つ力を守り育てる実践的な遊びや暮らしを学ぶ

親子への支援を実践ワークで学ぶ

③未学(未来を学ぶ)
AI時代にもしなやかな心と体で生き抜くために必要なことを学ぶ

この3本の柱が土台となり、こどもを支援するために必要なスキルとマインドを磨いていくのがMIGAKUメソッドです。