メンバー紹介



ここんのメンバーのご紹介です。

個別セッション担当



支援室代表 定金雅子
(まこさん)

個別セッション、発達クラス担当

作業療法士


こども支援室ここんは、さまざまな専門性を持つメンバーでチームを作っています。
なぜなら、人間1人の力でできることは限られているからです。
こどもたちの多様な個性と経験を真に守り育てるためには、いろんな視点がある方が良い。
だけどメンバーの想いは同じ。

正論を振りかざすことなく親子に寄り添い、こどもたちの可能性を拡げること。
子育てを孤育てにはしない。
そんな想いを形にするメンバーです!
私たちがここんで待っています。

小島賢司
(こじさん)

個別セッション担当

発達障害領域認定理学療法士


発達コンサルタント協会 代表理事

子育てに正解はありません。

しかし、やらなかった後悔はしてほしくないから

お子さんにはチャレンジ出来る機会と

保護者の方にはそれを見守る眼差しを一緒に育んでいきたいと思います。

 

親子にとって、ここが通過点であり

いつでも帰って来れる場所と人になれればと思います。

鴨井 励
(かもさん)

個別セッション担当

作業療法士


子どもたちの発達・遊び・学習。
それぞれのやりたい、やってみたい、できたの育ちを一緒に支えていきたいです!
個別セッション担当
就学後のお子さんも対応しています。


ベビーサイン担当



大石千恵美
(ちえみさん)

ベビーサインクラス担当

助産師


親子教室‘とっとベビー’
助産師によるベビーサイン 〜かわいいをもっと、楽しもう〜

二人の娘の母、そして、助産師です!
赤ちゃんはかわいいけれど、子育てはとっても大変!
その中で、私は3つのことに取り組みました。

①寝んねトレーニングで、自分時間を確保。
②イギリス発祥の離乳食 BLWで、準備も簡単、食べなくてもまいっか!
③ベビーサインで、赤ちゃんとコミュニケーション。

「いいかげんが良い加減」、これは先輩助産師が教えてくれた子育ての秘訣。
これらの取り組みで余裕が生まれ、子育ての楽しさがぐっと増えました。
特にベビーサイン、赤ちゃんが気持ちを伝えてくれるのは想像以上に嬉しい!

助産師・保健師であり育児経験者として、
親子で楽しめるベビーサインをお伝えしていきながら、
赤ちゃんが喜ぶクラフトを取り入れたり、
お母さんたちの「良い加減の育児」の相談にものっていけたらなと思います。

武藤紗織
(さおりさん)

ベビーサインクラス担当

作業療法士


作業療法士として働きながら、2人の娘のママでもあります。

私自身、2人の娘が赤ちゃんの頃にベビーサインを取り入れてきました。
やってよかった!と思うのは、おしゃべりをする前の赤ちゃんと嬉しい!楽しい!悲しい!の気持ちをたくさん共感しあえたことです!

赤ちゃんが自分の意志を表現でき、それが伝わる喜びも感じてくれたらいいな。
赤ちゃんへの観察力とコミュニケーション力がアップできたらいいな。
そんな思いを持っているママパパに、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

ひとりひとりの赤ちゃんの育ちに寄り添うことを何より大切にしながら、

私自身の経験や発達学・運動学などの視点も交えて楽しくベビーサインをお伝えします!